【Java】変数


Javaについて、復習しながら更新していきます。


変数とは

変数は、データを格納するための場所を示しています。処理内で使用する値やデータを保持しておくために使用されます。変数名やクラス名、メソッド名は識別子とも呼称され、名前付けにもルールが存在します。



[宣言の仕方]

型 変数名;



[変数名(識別子)の決まり]
・予約語の使用は不可
  データ型: string , int , long , short , byte
  アクセス修飾子: public , private , protected
・同じ変数の宣言は不可
  小文字・大文字は区別される(「i」 と「I」 は別の変数名となる)


[データの型の種類]
・基本データ型 
 整数や文字を表すデータの型(以下一覧のbyte~boolean)
・参照型
 基本データ型以外の型(以下一覧のStringやクラス、インタフェースも参照型となる)


[データ型一覧]
型名格納データ
byte型-2⁷~2⁷-1(-128~127)
short型-2¹⁵~2¹⁵-1(-32768~32767)
int型-2³¹~2³¹-1(-2,147,483,648~2,147,483,647)
long型-2⁶³~2⁶³-1(-9,223,372,036,854,775,808~9,223,372,036,854,775,807)
float型32bitの浮動小数点
double型64bitの浮動小数点
char型1文字(UniCode1文字でもよし)
boolean型true,false
String型文字列

[例]

byte b = 10;
short s = 20; 
int i = 30; 
long l = 40L; 
float f = 1.5F; 
double = 1.6; 
char = 'A'; 
boolean bo = true; 
String str = "文字列"; 


以上。



【ブログを始めるなら】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA