【Java】配列


Javaについて、復習しながら更新していきます。
今回のテーマは配列!!

配列とは

同一の型で、複数のデータをまとめて順番に格納することができる機能。


[構文]

複数行で宣言する場合
データ型[] 変数名; //配列の宣言
変数名 = new データ型[要素数]; //配列の初期化 
変数名[要素添え字] = 値; //値の格納 

または一行で宣言と初期化 
データ型[] 変数名 = { 値1 , 値2 ,値3 , …….} 


[説明]
・配列の要素には、それぞれ添え字(index)と呼ばれる0から始まる番号が設定されています。値の呼び出しや格納は添え字を使用して行われます。
・配列の要素数を取得したい場合は、「length」を使用して呼び出すことができる。


[例]
public static void main(String[] args)
{
	int[] i;          // 配列の宣言
	i = new int[3];   // 配列の作成
	i[0] = 10;        // 各要素へ値の代入
	i[1] = 20;        // 各要素へ値の代入
	i[2] = 30;        // 各要素へ値の代入

	String str[] = {"あ ","い ","う"}; // 配列の宣言と初期化

	System.out.println(str.length);    // 配列の要素数の取り出し
	System.out.println(i[1]);          //配列の2番を取り出し。    
}


多次元配列

配列の中に配列を作成することで多次元的な配列の作成も可能です。



[例]
public static void main(String[] args) 
{
	int[][] array = {
		{0 ,10, 20, 30, 40},
		{50, 60, 70, 80, 90},
		{100, 110, 120, 130 ,140}
	};
	    System.out.println(array[0][0]); //0の取り出し
	    System.out.println(array[2][4]); //140の取り出し
}


ArrayListクラス

配列は宣言時から要素数を変えられないが、要素数を変えられる配列を提供できるクラスとして ArrayListが用意されている。ArrayListはコレクションと呼ばれる機能の中のクラスで、「Java.util.ArrayList」をインポートすることで使用することができます。


[構文]

Java.util.ArrayList; //インポート

ArrayList<データ型(参照型)> 変数名 = new ArrayList<データ型(参照型)>(); //宣言
変数名.add(値); //配列の追加
変数名.get(添え字); //要素の取り出し



[例]
import java.util.ArrayList;

class Sample
{
	public static void main(String[] args)
	{
		ArrayList list = new ArrayList(); //宣言
		list.add("あ");  //値の格納
		list.add("い");  //値の格納
		System.out.println(list.get(0)); //値(あ)の取り出し
	}
}


以上。


【ブログを始めるなら】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA