【Java】文字列操作


Javaについて、復習しながら更新していきます。
今回のテーマは文字列操作!!

よく使用される文字列操作

Javaには文字列操作用に様々なメソッドやクラスが用意されているが、覚えておくべき操作について記述する。



[文字列の長さの取得]

文字列.length();



[文字列の比較]

文字列.equals(文字列);



[空文字の判断]

文字列.isEmpty(文字列);




[例]
public static void main(String[] args) 
{
	String str = "Java";
	//文字列の長さを取得
	System.out.println("文字数:" + str.length());
	
	//文字列の比較
	if(str.equals("Java"))
	{
		System.out.println("同じ文字列です。");
	}
	
	//空文字判断
	if(str.isEmpty())
	{
		System.out.println("空文字です。");
	}
}




文字列の検索

文字列の中身を検索するためのメソッドも用意されている。



[文字列を含むか判断]

文字列.contains(検索文字列);



[開始文字列の判断]

文字列.startsWith(検索文字列);



[終了文字列の判断]

文字列.endsWith(検索文字列);



[文字列の開始位置を取得(前から検索し最初に一致)]

文字列.indexOf(検索文字列);



[文字列の開始位置を取得(後から検索し最初に一致)]

文字列.lastIndexOf(検索文字列);




[例]
public static void main(String[] args) 
{
	String str = "Java";
	//文字列に含むか判断
	if(str.equals("Ja"))
	{
		System.out.println("文字列を含みます。");
	}
	//開始文字列判断
	if(str.startsWith("Ja"))
	{
		System.out.println("開始文字列です。");
	}
	//終了文字列判断
	if(str.endsWith("va"))
	{
		System.out.println("終了文字列です。");
	}
	//文字列開始位置取得
	System.out.println("開始位置:" + str.indexOf("Ja"));
}




文字列の切り出し

文字列の一部を切り出すためのメソッドも用意されている。



[指定位置から任意の長さの文字列を切り出す]

文字列.substring(切り取り開始位置,切り出す長さ);



[例]
public static void main(String[] args) 
{
	String str = "JavaString";
	//文字列の切り出し
	System.out.println("切り出した文字列;" + str.substring(2, 5));

}




文字列の変換

文字列を変換するメソッドも用意されている。



[大文字へ変換]

文字列.toUpperCase();



[小文字へ変換]

文字列.toLowerCase();



[空文字を消す]

文字列.trim();



[空文字を変換]

文字列.replace(変換前文字列,変換後文字列);



[例]
public static void main(String[] args)
{
	String str = "Java String";
	//大文字へ変換
	System.out.println(str.toUpperCase());
	//小文字へ変換
	System.out.println(str.toLowerCase());
	//空文字を消す
	System.out.println(str.trim());
	//文字列の変換
	System.out.println(str.replace("String","Scripts"));
}


以上。



【ブログを始めるなら】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA