【Java】コレクション(ArrayList)


Javaについて、復習しながら更新していきます。
前回、コレクションについて書きましたが、今回はコレクションのクラスであるArrayListについて書いていこうと思います!!

ArrayList

Listを使用した代表的なクラスであり、サイズ変更が可能は配列を使用することができます。ArrayListの操作として、追加・削除・取得。検索等のメソッドが用意されています。



[構文]

ArrayList<型> 変数名 = new ArrayList<型>();



[要素を追加する]
メソッド名戻り値説明
add(値)booleanリストの最後に要素を追加する。
add(int,値)voidリストのint番目に値を追加する。
set(int,値)リストのint番目の要素の値を上書きする。


[要素を取得する]
メソッド名戻り値説明
get(int)リストのint番目の値を取得する。


[要素を調査する]
メソッド名戻り値説明
size()int要素数を取得する。
isEmpty()boolean要素が空であるか判定する。
contains(値)boolean値が要素の中に含まれているか判定する。
indexOf(値)int値が要素の何番目にあるか取得する。


[要素を削除する]
メソッド名戻り値説明
clear()void要素をすべて削除する。
remove(int)voidリストのint番目の値を削除する。


[例]
import java.util.ArrayList;

class ArrayTest 
{
	public static void main(String[] args)
	{
		ArrayList list = new ArrayList();
		String str1 = "TEST1";
		String str2 = "TEST2";

		// 要素を格納する
		list.add(str1);
		list.add(str2);   

		//リストの要素分ループ
		for ( int i = 0; i < list.size() ; i++) {
			//リストの要素を取得する
			System.out.println(list.get(i));
		}
	}
}


以上。




【ブログを始めるなら】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA