【Java】コレクション(HashMap)


Javaについて、復習しながら更新していきます。
前回、コレクションについて書きましたが、今回はコレクションのクラスであるHashMapについて書いていこうと思います!!

HashMap

Mapインタフェースを使用した代表的なクラスであり、「一意のキー」と「値」の情報をペアで格納して扱うためのクラスです。



[構文]

HashMap<キーの型,値の型> 変数名 = new HashMap<キーの型,値の型>();



[要素を格納する]
メソッド名戻り値説明
put(キー,値)マップにキーと値をペアで格納する。


[要素を取得する]
メソッド名戻り値説明
get(キー)マップからキーに対応する値を取得する。


[要素を調査する]
メソッド名戻り値説明
size()intペアの要素数を取得する。
isEmpty()boolean要素が空であるか判定する。
containsKey(キー)booleanキーが要素の中に含まれているか判定する。
containsValue(値)boolean値が要素の中に含まれているか判定する。


[要素を削除する]
メソッド名戻り値説明
clear()void要素をすべて削除する。
remove(キー)boolean要素の中の指定したキーに対応する要素を削除する。



[例]
import java.util.HashMap;

class HashTest 
{
	public static void main(String[] args)
	{
		//HashMapのインスタンス化
		HashMap map = new HashMap();
		//要素を追加する
		map.put(0, "aA"); 
		map.put(1, "bB");
		map.put(2, "cC"); 
		System.out.println(map.containsKey(2));
		System.out.println(map.containsValue("D"));
		for (int i = 0; i < map.size(); i++ ) 
		{
			//要素を取得する
			System.out.println(map.get(i));
		}
	}
}


以上。



【ブログを始めるなら】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA