【Java】匿名クラス


Javaについて、復習しながら更新していきます。
今回のテーマは匿名クラス!!

匿名クラス

一回限りで使用し、クラス定義をわざわざしたくないものについては、クラス定義とインスタンス化を一つの定義にして行えると匿名クラスを使用することができます。匿名クラスは、継承のサブクラスやインタフェースを実装したクラスでクラス内でメソッドのオーバーライドを行って使用します。



[構文]

new スーパークラス名または親クラス名()
{
匿名クラス内の処理
};



[匿名クラスの決まり]
・修飾子を指定することができない。
・コンストラクタを定義できない。
・外側のクラスメンバにアクセスすることは可能。



[例]
interface Inter
{
	public abstract void interMethod();
}
class Outer
{
	void method()
	{
		//匿名クラスを定義
		Inter obj = new Inter()
		{
			public void interMethod()
			{
				System.out.println("interMethod()");
			}
		};
		// 匿名クラスのメソッド呼び出し
		obj.interMethod();
	}
}
//実行クラス
class Exe
{
	public static void main(String[] args)
	{
		new Outer().method();
	}
}


以上。



【ブログを始めるなら】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA