【Java】ファイル操作


Javaについて、復習しながら更新していきます。
今回のテーマはファイル操作!!

ファイル操作

Javaでは、ファイル操作を行うために「java.io.*」パッケージが提供されています。ファイルの開閉・読み書き・保存操作等を使用することができます。



・ファイルの書き込み
[主なメソッド・コンストラクタ]
メソッド名戻り値説明
FileWriter(String filename)上書き保存形式で開く。
FileWriter(String filename, boolean a)第2引数がtrueの場合ファイルへ追記、falseの場合上書き保存形式で開く。
Write(String str)void引数へ指定した文字列をファイルへ書く。
flush()voidファイルを書き込む操作を実施する。
close()voidファイルを閉じる。



[例]
import java.io.FileWriter;
import java.io.IOException;

class Exe {

	public static void main(String[] args)
	{
		try
		{
			//ファイルを開く
			FileWriter fw = new FileWriter(".\\test.csv",true);
			//ファイルに文字列を書く
			fw.write("test,");
			//ファイルの書き込み
			fw.flush();
			//ファイルを閉じる
			fw.close();
		}
		catch(IOException ioe)
		{
			System.out.println("ファイル操作エラー");
		}
		catch(Exception e)
		{
			System.out.println("エラー");
		}
	}
}


・ファイルの読み込み
[主なメソッド・コンストラクタ]
メソッド名戻り値説明
FileReader(String filename)ファイルを開く。
read()int文字を1文字ずつ読む。
close()voidファイルを閉じる。


[例]
import java.io.FileReader;
import java.io.IOException;

class Exe {

	public static void main(String[] args)
	{
		try
		{
			//ファイルを読み込む
			FileReader fw = new FileReader(".\\test.csv");
			//ファイルを一文字ずつ読み込み出力する
			int i;
			while( (i = fw.read()) != -1)
			{
				char c = (char)i;
				System.out.println(c);
			}
			//ファイルを閉じる
			fw.close();
		}
		catch(IOException ioe)
		{
			System.out.println("ファイル操作エラー");
		}
		catch(Exception e)
		{
			System.out.println("エラー");
		}
	}
}




バイナリファイルの操作

使用方法は、テキストファイルと同じだがバイナリファイルを操作する場合は、「FileOutPutStream」「FileInPutStream」クラスを使用する。



[主なメソッド・コンストラクタ]
メソッド名戻り値説明
FileOutPutStream(String filename)上書き保存形式で開く。
Write(byte[] b)void引数へ指定したbyte配列をファイルへ書く。
FileInPutStream(String filename)ファイルを読み取りで開く。
read()int文字を1バイトずつ読む。
flush()voidファイルを書き込む操作を実施する。
close()voidファイルを閉じる。


以上。



【ブログを始めるなら】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA