【DB】データベースとは


DB(データベース)について勉強していきたいと思います!!データベーススペシャリスト資格の取得を最終目標に掲下駄いと思います。



DB(データベース)とは

様々な種類や大量のデータを、一か所に集めて情報を管理し、データの活用(検索・追加・削除)を簡単に行えるようにするための仕組み。システムからデータのみを独立させることで管理の困難さやデータの重複を防ぐことができる。



DBのデータモデルの種類

【関係(リレーション)モデル】

テーブル(表)と呼ばれる2次元の表でデータを管理するデータモデル。複数のテーブル(表)によってデータの関係を表現することができ、縦列をカラム(列、属性)と呼称し、横列をレコード(ダブル、行、組)と呼称する。現在、最も使用されているデータモデルである。



【階層型モデル】

データを階層化(親子関係)してデータを管理するデータモデル。データは親子関係のため1対1、または1対多の階層として表現します。データ同士はポインタで関連付けられています。



【ネットワークモデル】

階層としては管理できない、多対多のデータを管理するためのネットワーク状のデータモデル。ポインタで管理することは階層型と変わらないが、子が複数の親を持つ形が可能となる。



【オブジェクト指向モデル】
Javaでもオブジェクトについて触れたが、データや操作を一体化し一つのオブジェクト(インスタンス)として扱う考え方を利用したデータモデル。データや操作のインスタンスを関連付けて関係を表現します。


今回は以上。




【ブログを始めるなら】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA